【Click!】アイアンマンの全アーマースーツを解説中!!

アイアンマンスーツ図鑑

スポンサーリンク
アイアンマンスーツ図鑑

ネオクラシックアーマーを解説【マーク9】原作アイアンマン

実はトニー・スタークは前回紹介した「シルバーセンチュリオン」が活躍した「第一次アーマー・ウォーズ」が起こる前からこの「アイアンマン マーク9」を秘密裏に開発していました。しかしその強力な能力ゆえにトニーはこのアーマーの使用を控えていたのです。
アイアンマンスーツ図鑑

映画の元ネタ!シルバーセンチュリオン【マーク8】原作アイアンマン

コミックスでの正式名称は「シルバー・センチュリオン」コミックスのアイアンマンの記念すべき200巻にて初登場します。 今まではレッドとゴールドの配色が基本パターンのアイアンマンでしたがこのシルバーセンチュリオンアーマーは異色のシルバーとレッド。
アイアンマンスーツ図鑑

初期型ステルスアーマー【マーク7】原作アイアンマン

コミックス版アイアンマンスーツ総まとめ企画 第7弾は隠密行動専用スーツ「アイアンマン スーツ マーク7」です。ステルスアーマーは攻撃兵器よりも「ステルス性能に焦点」を合わせるように設計されているためアーマーの耐久性や攻撃力は他アーマーに比べて劣っています。
アイアンマンスーツ図鑑

水中用:ディープ・シー・アーマー【マーク6】原作アイアンマン

今回は水中用スーツ「アイアンマン スーツ マーク6」を紹介します。 コミックスでの正式名称は「ディープ・シー・アーマー」。アイアンマンの従来のスーツは水中で機能するが活動時間や水深制限という問題がありました。そこで天才トニー・スタークは「水深3マイル」の深さで機能するようにこの「 マーク6」を特別に設計しました。
アイアンマンスーツ図鑑

初代:宇宙用スーツが登場【マーク5】原作アイアンマン

【コミックス版アイアンマン マーク5の知られざる秘密を解説】コミックスでの正式名称は「スペース・アーマー」トニーはこのアーマースーツのことをコードネームで「14-C」と呼んでいました。マーク5は「宇宙での長期使用向け」に設計されています。
アイアンマンスーツ図鑑

自動装着機能が実装!【マーク4】原作アイアンマン

コミックス版アイアンマンスーツ総まとめ企画の第4弾は「アイアンマン スーツ マーク4」です。このアイアンマンマーク4からついに画期的なアーマー装着が可能となります。これであのダサい変身ともこれでおさらばですねw
アイアンマンスーツ図鑑

初リパルサー光線実装【マーク3】原作アイアンマン

コミックスでの正式名称は「アイアンマン アーマー モデル3」アイアンマンの兵器の中で最も定番である「リパルサー・レイ」を実装することとなった初めてのモデルがアイアンマン マーク3です。これ以降のスーツにはほとんど標準装備として「リパルサー・レイ」は搭載されます。
アイアンマンスーツ図鑑

赤金オリジナルカラーの始まり【マーク2】原作アイアンマン

コミックスでの正式名称は「アイアンマン アーマー モデル2」 ミスター・ドールという犯罪者との戦いの後にトニー・スタークは「アイアンマン・アーマー・モデル1」は重すぎる!もっと軽くしないとダメだ!と考えます。もともとテロリストに拉致され即席の材料で作り上げたマーク1は色々と改良の余地があったのです。
アイアンマンスーツ図鑑

コミックス初登場のアイアンマン【マーク1】原作

コミックス版アイアンマン マーク1の知られざる秘密を解説 アイアンマンスーツ総まとめ企画の第1弾はもちろんコミックス初登場の「アイアンマン スーツ マーク1」です。 映画とどのような違いがあるのか早速見て聞きましょー! ▪️アイアンマン マーク1 (c)MARVEL 【初登場】 テイルズ オブ サスペンス39巻
アイアンマンスーツ図鑑

アイアンマンの全アーマースーツまとめ:Mk.1から最新版まで解説【アメコミ版】

全アイアンマンスーツ:コミックス版 アメリカンコミックス版のアイアンマンのストーリーやキャラクターはまだまだ日本ではあまり認知されていません。 マーベル・シネマティック・ユニバース(以下MCU)の中ではアイアンマン マーク1からマーク85まで数多くのスーツが登場しますが、もちろんコミックスにもたくさんの魅力的なアーマ
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました