【Click!】アイアンマンの全アーマースーツを解説中!!

映画『シャン・チー』にフィン・ファン・フーンが登場!?ドラゴンの存在がリーク!?

(c)MARVEL
スポンサーリンク

1:映画『シャン・チー』に登場する新たなキャラクターが判明!?

2021年9月3日にリリースされる予定のMCU映画『シャン・チー:アンド・ザ・レジェンド・オブ・テンリングス(以下シャン・チー)』。

延期がなければもともと7月に公開される予定だったこの映画ですが公式のマーケティングはまだ正式に開始されていません

デスティン・ダニエル・クレットン監督のこの映画はトニー・レオンが演じるのウェン・ウーというキャラクターが本物のマンダリンとなる予定です。

これまでのところ、映画『シャン・チー』の詳細な情報はなく、そのほとんどがリークした提携商品からのみ得られている状況です。

そんな公式の発表がない中、今回も新たに提携商品のリークが明らかになり、新たなキャラクターの登場がより濃厚となりました。

スポンサーリンク

2:Funko Pop! のリーク商品が明らかに

TwitterユーザーのSCBRMidiaはリリースされていないFunkoPopsの新しい商品を発見しTwitterで共有しました。

投稿されたツイートがこちら:

投稿では、フロリアン・ムンテアヌの「レイザー・フィスト」、ファラ・チェンの「ジャン・リー」、オークワフィナの「ケイティ」など今までのリーク商品にはない多くの新しいキャラクターが明らかになっています。

その中で最も興味深いキャラクターが「The Great Protector:グレート・プロテクター」という名前のドラゴンです。

このキャラクターは数ヶ月前にリークした「LEGOの商品」のパッケージにも登場していましたが、LEGOの商品には映画に登場しないキャラクターが含まれていたことも過去のMCU作品の商品で多々あったため信憑性に欠けていました。

しかし、今回のFunko Pop!の商品にもこのドラゴンのキャラクターが登場していることから、映画への登場もかなり濃厚になってきたと思われます。

マーベルにおけるドラゴンのキャラクターといえば竜のような姿をした異星人(マクル人)の「フィン・ファン・フーン」です。

フィン・ファン・フーン

5000年前に惑星カカラナタラ(マルクⅣ)からやってきたフィン・ファン・フーンたちマクル人は宇宙船が故障し、中国に不時着します。

変身能力のあるマクル人たちは人間の姿になるのですが、船長の命令でフィン・ファン・フーンだけは元の形のまま冬眠することになります。

この時、フィン・ファン・フーンたちマクル人の宇宙船の動力となっていたのが乗組員が装着する「10個の指輪:テンリングス」です。

コミックスではこの「10の指輪:テンリングス」をのちにマンダリンが手に入れ強大な力を得るわけですが、映画『シャン・チー』ももしかしたら原作に沿った展開になるのかもしれません。

マクル人から10の指輪を奪ったマンダリン

今回リークしたこのドラゴン「グレート・プロテクター」がフィン・ファン・フーンであるとは限りませんが、ドラゴンという外見からその可能性も0ではないと思われます。

映画『シャン・チー:アンド・ザ・レジェンド・オブ・テンリングス』は2021年9月3日に全米公開予定です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました