【Click!】アイアンマンの全アーマースーツを解説中!!

ドラマ『ロキ』に登場したタイムキーパーには4人目が存在する!?

スポンサーリンク
(c)MARVEL

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の今後の展開において大きな影響を与えたドラマ『ロキ』の最終話。

その最終話に登場したジョナサン・メイジャーズ演じる「在り続ける者」が住んでいた城には、今後のMCUのストーリーに大きな影響を及ぼすかもしれない謎が隠されています。

この城の正式名称は不明ですが、原作の在り続ける者である「He Who Remains:ヒー・フー・リメインズ(残っている彼)」というキャラクターは「時の終わりの神殿」という場所に存在していました。

マーベルプロダクションデザイナーのカスラ・ファラハニはこの建物についていくつかの見解を述べており、その建物がどのようにできたのかなどの情報が明らかになりました。

スポンサーリンク

■「在り続ける者」の居城はどのようにデザインされたのか…

カラファニ氏はVANITY FAIRとのインタビューで次のように語っています。

This is one of those things we were designing, at least in a preliminary way, in the absence of a script.

We knew it was the Citadel at the End of Time where He Who Remained was. There’s some precedent imagery in the comics.

It was basically a fortress on top of a tiny asteroid.

We knew the Citadel was going to be the last location, so we wanted it to be particularly spectacular. 

「これはスクリプトがない状態で、少なくとも予備的な方法で設計していたものの1つです」

「私たちは、在り続ける者がいたのは「時の終わりの神殿」であることを知っていました」

「コミックには前例のある画像がいくつかあります。それは基本的に小さな小惑星の上にある神殿でした」

「神殿が最後の場所になることはわかっていたので、特に壮観な場所にしたかったのです」

引用:カスラ・ファラハニインタビューより:

やはりこの建物は「時の終わりの神殿」に影響を受けた建物であり、デザイナーは同じ名称で呼称しています。

ちなみにコミックスの「時の終わりの神殿」は次のようなデザインで、1976年に刊行された「ソー:235巻」に初登場しました。

(c)MARVEL

そしてドラマ最終話に登場するこの神殿の中には不思議なポイントが存在します。

スポンサーリンク

■4人目のタイムキーパーが存在する…

ドラマ『ロキ』の中に登場したタイムキーパーという存在。

実はこの「時の終わりの神殿」にはタイムキーパーを模した銅像が写っていました。

しかし、映像には3つの銅像の近くに「破壊された4つ目の銅像」が確認されています。

こちらが銅像が写っているシーン:

(c)MRVEL

四つの銅像のうちの一つは破壊されている。

タイムキーパーはドラマの序盤から中盤にかけては、神聖時間軸のバランスを保つ最高位の存在として神格化された表現で表されていました。

しかし、物語の後半ではその存在が機械仕掛けの人形であり、真の黒幕(在り続ける者)がその裏で手を引いていることが判明しました。

彼らタイムキーパーが本当に実在するのか…それとも在り続ける者がTVAの活動のために作り出した単なる象徴的存在なのかはまだ明らかにはなっていません。

この四つ目の破壊された銅像に対して、デザイナーのカスラ・ファラハニ氏はインタビューで次のように語っています。

I can’t say anything about it, unfortunately, but the answers will be forthcoming.

「残念ですが、そのことについては何も言えません。ですが、すぐに答えは出ると思います」

引用:カスラ・ファラハニインタビューより:

デザイナーは明らかに何か知っているようなコメント回答をしています。

このコメントからこの4体目の破壊された銅像が単なるデザインの一つではない可能性も出てきました。

3体のタイムキーパーのロボットはドラマ『ロキ』4話で破壊されましたが、実は4体目が存在し、今後のMCUの物語に登場するのかもしれません。

もしくは本物のタイムキーパーは別に存在し、4人揃って本物が登場する可能性もあります。

原作コミックスではタイムキーパーの出来損ないとしてタイムツイスターというキャラクターも存在します。

ちなみに、原作のタイムキーパーとタイムツイスターはそれぞれ3体存在し、4体目は存在しません

この4体目の破壊された銅像が何を意味するのかは、今後の物語の見どころになりそうです。

ドラマ『ロキ』はDisney+で配信中、すでに続編のシーズン2の制作も決定しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました