【Click!】アイアンマンの全アーマースーツを解説中!!

【ハルク】アメコミ原作ストーリーや能力を徹底解説【マーベルキャラ紹介】

(c)MARVEL

ハルクとは アメコミ原作設定・解説 

スポンサーリンク

【初登場】

The Incredible Hulk vol.1 #1

スポンサーリンク

【本名】

ロバート・ブルース・バナー

スポンサーリンク

【ステータス】

  • 耐久性:7
  • エネルギー:5
  • ファイティングスキル:4
  • 知能:6(バナーとしての知能)
  • 速度:3
  • 力:7  ※MAX 7 での評価(米marvel公式より)
スポンサーリンク

【能力】

・身体能力

完全なる脳筋キャラクターでその腕力は「数十トン〜百トン以上の物」を持ち上げることが可能。また多少の攻撃ではビクともしない耐久力と回復力を併せ持ち、ジャンプ力は数キロ単位で跳躍が可能である。

・怒りによるパワーアップ

また、腕力・耐久力・跳躍力はハルクの怒りの程度によってパワーアップし、怒れば怒るほどに強くなっていく。

ときおり理性が効かなくなり暴走してしまうことがあるが、その場合は軍隊レベルで止めなければならないほどに危険である。

・ハルクの制御

最終的にバナーは、ハルクへの変身後の暴走を克服し理性を保つことができるようになり、そのパワーをある程度制御できるようになっている。

  

スポンサーリンク

【ストーリー:アメコミ原作】

・オリジン

ロバート・ブルース・バナーは、天才的な物理学の博士である。

ある時、新型爆弾である「ガンマボム」の実験中にテスト区域に入ってきた少年リックを助けようと致死量レベルのガンマ線を浴びてしまう。

致死量のガンマ線を浴びながらも生還したバナーであったが、体にある変化が起きる。

バナーの怒りやストレスにより感情が高ぶると放出されるアドレナリンが影響し体が緑色に変色、筋力や骨格が巨大化し怪力を持つ巨人に変身する体質となってしまったのだ。

何もしなければおとなしいバナーだが、少しでも危害を加えられると怒りに身を任せてハルクとなり暴れまわり、圧倒的なパワーでありとあらゆる物を破壊してしまう。

ハルクを危険と認識したアメリカ軍はハルクの抹殺を計画する。

命を狙われることになったバナーは逃亡生活を送ることになる。

 

・アベンジャーズ加入

ある時、ロキの陰謀を知ってしまったバナーは計画を止めようとハルクに変身するも暴走。

他のヒーローたちに助けられそれがきっかけで「アベンジャーズ」を結成する。アベンジャーズの創立メンバーの一人である。

  

・二代目ハルク

その後も幾度か暴走し、現在ではブルースは行方不明、代わりにアマデウス・チョーが新しいハルクとなっている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました