【Click!】アイアンマンの全アーマースーツを解説中!!

『ファルコン&ウィンターソルジャー』にマドリプールが登場?X-MENやA.I.M.と関係のある国

スポンサーリンク

『ファルコン&ウィンターソルジャー』の舞台が判明??

(c)MARVEL

マーベル・シネマティック・ユニバース(以下MCU)の最初のドラマシリーズとして動画配信サービス「ディズニー+」で配信が予定されている『ファルコン&ウィンターソルジャー』。

そんな「ファルコン&ウィンターソルジャー」の撮影シーンで新たにリークした写真からのドラマの舞台の一つと思われる国が明らかとなった。

その国の名前は…..

マドリプール公国

今回はこのマドリプールという国について深堀りしていきたいと思います。

    

マドリプールとは?アメコミ原作での設定は?

マーベルコミックスやMCUの映画には実際には存在しない架空の国や島などがたくさん登場します。

代表的なものとしてはマーベル・シネマティック・ユニバース(以下MCU)にも登場した「ワカンダ王国」や「ソコヴィア」「カマー・タージ」といった国や都市がありますよね。

マドリプール公国」もそういった架空の国の一つです。

マドリプールは1985年にコミックス「ニュー ミュータンツ:New Mutants#32」で初登場しました。

海に面する国「マドリプール」

コミックスでは東南アジア地域に存在する島国として登場します(シンガポールがモデルとなっているようです)。

一見すると綺麗な島国です

一見華やかに見える都市ですがハイタウンとロータウンに分かれており「非常に裕福な人々非常に貧しい人々」が住み分けられており極端な社会的不平等がある国でもあります。

かつては海賊の国としても栄えましたが、近年では独自の貿易センターを持つ環太平洋地域の主要ビジネス都市として反映しています。

マドリプールは実際にはない架空の国ですがコミックスではちゃんと『国旗』も存在します。

この国旗こそが今回のリーク画像が間違いないことを表す確たる証拠となっているのです。

マドリプールの国旗がこれ

赤にライオン、月、星のマーク

そしてリーク画像に写っていた謎のシンボルがこれです。

赤いシンボルをよく見ると…

分かりにくいので拡大して見ると….

おわかりいただけただろうか…
国旗も拡大!

どうでしょう!?これはもう完全に一致しているとしか思えませんよね。

コミックスのマドリプールの国旗に描かれている「ライオン」と「」と「」が写っているように見えます。

唯一違うのは国旗は赤バックに白でライオン、月、星が描かれていますが、写真のシンボルは赤になっています。

原作では犯罪組織が根を張っている島国といった感じで登場しA.I.M.の拠点の一つがあったり(A.I.M.は世界中に拠点をもっているのでマドリプールもその一つ)、2002年のX-MENのコミックでは征服者カーンが地球侵略の異次元装置要塞を設置したり、翻訳化もされている2014年の「ニューアベンジャーズ」ではマドリプールを舞台としてインカージョンに立ち向かう物語が描かれたりと色々と事件に事欠かない国でもあります。

A.I.M:アドバンスド・アイデア・メカニクスという科学組織。最先端の科学技術により武器や知識をヴィランに供給する組織。元はヒドラの一部門。

インカージョン:マルチバースの互いの宇宙が衝突し消滅する現象。なぜか地球を中心に発生し、食い止めるには相手の地球を破壊するしか方法がない。

特にマドリプールを舞台とした有名なエピソードには1988年のウルヴァリンのソロストーリーがあります。

1988年のウルヴァリンにマドリプールが登場

この時のウルヴァリンは眼帯をつけており「バッチ(眼帯)」と名乗のりこのマドリプールで正義のために大暴れするストーリーです。

また、「デス・オブ・ウルヴァリン:ローガンレガシー」のストーリーではウルヴァリンの息子である「ダケン」がマドリプールのオークション会場で父ウルヴァリンの遺骨を手に入れて埋葬するというストーリーもあります。

左:ウルヴァリンと右:息子ダケン

またアニメ「ウルヴァリン」にも犯罪都市国家として「マドリプール」が登場します。

意外とウルヴァリンとつながりのあるマドリプール」もしかしたら20世紀FOX買収によってこの地名が使用可能になったのかもしれませんね。

もしかしたらウルヴァリンにつながる何かキーワードとなるものが「ファルコン&ウィンターソルジャー」内で登場するかもしれません。

ちなみにコミックスではウルヴァリンの息子ダケンの母親である日本人の「イツ」はウィンターソルジャーによって殺されています

さすがにMCUにウルヴァリンも登場していないのにいきなり息子のダケンは登場しないと思いますけどね。

ちなみにダケンは翻訳版コミック「ダーク・アベンジャーズ」にも登場しています。

ダークアベンジャーズのダケン(ウルヴァリンスーツ版)

Amazon:ダークアベンジャーズ:アセンブル (MARVEL)

この「マドリプール」がなぜ「ファルコン&ウィンターソルジャー」の舞台の一つに選ばれたのかは謎ですが、A.I.M.ヒドラ、もしくは新たな犯罪組織が絡んでいるのかもしれません。

そしてX-MEN(特にウルヴァリン)との関係性も否定できませんよね。

引き続き新たな情報に注目していきたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

あなたへのおすすめ記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました