【Click!】アイアンマンの全アーマースーツを解説中!!

【ドラックス】アメコミ原作ストーリーや能力を徹底解説【マーベルキャラ紹介】

(c)MARVEL

ドラックス・ザ・デストロイヤーとは アメコミ原作設定・解説

スポンサーリンク

【初登場】

 The Invincible Iron Man55(1973年2月)

スポンサーリンク

【本名】

ドラックス・ザ・デストロイヤー/アーサー・ダグラス(人間時代)

スポンサーリンク

【身体情報】

  • 性別:男
  • 瞳:赤(アーサー時代は青)
  • 身長:193.0cm(初期は223.5cm/アーサー時代は175.2cm)
  • 体重:308.4kg(初期は476.2kg/アーサー時代は73.0kg)
  • 髪色:髪なし(アーサー時代は茶)
スポンサーリンク

【ステータス/強さ】

  • 耐久性:7
  • エネルギー:6
  • ファイティングスキル:4
  • 知能:2
  • 速度:2
  • 力:5  ※MAX 7 での評価(米marvel公式より)
スポンサーリンク

【能力】

・身体能力

初期のドラックスのパワーはサノスに対抗するために作られた肉体だけあって圧倒的な強さであった。

初期のドラックス・ザ・デストロイヤー
今よりカッコよくない?

そのパワーはキャプテン・マーベルと互角に戦えるほど、加えて強靭な肉体による耐久力と超人的なスタミナを持っている。

また空気のない宇宙空間でも活動可能である。

・コズミック・エナジー

両腕からエネルギー光線を放つことが可能。

・高速飛行

高速で飛行が可能で、宇宙空間を星から星へと飛び回る。

・サノスの探知能力

サノスの位置を広範囲で探知できる力を持っている。

・弱体化

2006年のアナイアレーション直前の単独誌で一度死亡し、生まれ変わったため上記の能力のほとんどがなくなりかなり弱体化している。

また体格も一回り小さくなっている。

怪力のみは健在であるが、主にナイフを使用して戦う。

【ストーリー:原作コミックス】

・オリジン

地球人である「アーサー・ダグラス」は妻イヴェットと娘のヘザー・ダグラスの3人家族で幸せに暮らしていた。

ライブから帰宅中のアーサーとその家族
(c)MARVEL

ある日、アーサーは家族でラスベガスにエルヴィス・プレスリーのライブを見に行く。

しかしこの帰り道にアーサー一家は悲劇に巻き込まれることとなる。

ラスベガスから帰宅中に砂漠地帯を走行中のアーサー家族であったが、コズミックキューブを探して地球を探索にやってきていたサノスの宇宙船をたまたま目撃しまう。

サノスは宇宙船を見たものを生かしておくまいと攻撃し車は大破、アーサーと妻は死亡、娘も車から投げ出され重傷を負う。

死亡したアーサーの魂は宇宙へと浮かんでいった。

宇宙へと舞い上がったアーサーの魂はサノスの父でありタイタン星の指導者の「メンター」によって捉えられる。

メンターはサノスの動向を調べるため地球での活動をたまたま監視していた。

メンターは無慈悲に罪のない家族を殺した息子サノスに怒り、暴走した息子のサノスを終わらせる必要があると判断する。

メンターはタイタンの神であり父でもある「クロノス」に助けを求め、クロノスは自らが作成した強靭な肉体の器にアーサーの魂を注入し、サノスを倒す闘士として転生させる(クロノスはアーサーの地球での記憶を消しサノスへの憎しみのみを残した)。

クロノスによって転生させられたアーサー(ドラックス)
初期のドラックスは上記のようなマントを羽織った姿。
(c)MARVEL

ダグラスはアーサーの魂を移した肉体を「ドラックス・ザ・デストロイヤー」と名付けサノスを殺すことのみを目的とした超人兵器として蘇らせた。

ちなみに娘のヘザーは車の外に投げ出されて重傷を負うが、彼女もメンターによって保護されていた。

ヘザーはタイタンで育てられ、厳しい修行ののちに古代のドラゴンを打ち負かし「ムーンドラゴン」というヒーローになる。

   

・アイアンマンとの共闘

サノスを追って宇宙を駆け巡っていたドラックスはサノスが地球にいることを知り地球を訪れる。

しかし、逆にサノスに捉えられてしまったドラックスであったが地球のヒーロー「アイアンマン」によって助けられ共にサノスを倒す。

しかし、実はこのサノスは偽物のロボットであった。

アイアンマンと共闘するも倒したサノスはロボットだった
(c)MARVEL

サノスを取り逃がしたドラックスはアイアンマンに感謝を告げ再びサノスを倒す旅に出る。

その後ドラックスはサノスがコズミックキューブを手に入れるのを阻止しようとするがサノスに負け、アベンジャーズに助けを求める。

  

・キャプテンマーベルとの戦い

コズミックキューブを手にしたサノスはその力を持って宇宙を支配するまで巨大な力を持ちつつあった。

ドラックスはアベンジャーズキャプテン・マーベル娘のムーンドラゴンとともにコズミックキューブを手にしたサノスと戦うこととなる。

しかし、コズミックキューブの力で肉体を飛び出し神の領域へと達したサノスの力の前に苦戦する。

アベンジャーズとドラックスは別行動でサノスと戦っていくこととなる。

しかし、ドラックスのいない間にアダム・ウォーロックによってサノスは石化し倒されてしまう。

サノスの死にショックを受けるドラックス
(c)MARVEL

その後、石化したサノスを発見したドラックスは自らの目的(サノスを殺すこと)を果たせなかった後悔に絶望する。

ドラックスはキャプテン・マーベルがサノスを倒したと思い込み、地球にいるキャプテン・マーベルを襲い戦った。

地球の都市を巻き込みながら壮絶な戦いを繰り広げるドラックスとキャプテン・マーベルであったが、タイタン星よりサノス軍の残党からタイタン星を救ってほしいとの通信を受け、この要求を受け入れひとまずこの争いを終結した。

ドラックスはタイタン星に戻るまでに複数の星でキャプテン・マーベルと共闘しヴィラン達と戦った。

   

・ドラックスの死

サノスを失い目的のなくなったドラックスは宇宙をさまよっていた。

娘のムーンドラゴンはそんな父を発見するがドラックスはエイリアンに寄生され我を失っていた。

寄生されたドラックスはムーンドラゴンとソーによって我に返るが、寄生していたエイリアンが自分たちの星の内戦を止めて欲しいと助けを求めてくる。

寄生されてソーやムーンドラゴンを襲うドラックス
(c)MARVEL

ドラックスは娘のムーンドラゴンとともにエイリアンの故郷「惑星バ・バニス」を目指し、たどり着く。

惑星バ・バニスではエイリアンの言うように大規模な内戦が起こっていた。

この内戦を納めるためにムーンドラゴンは自身の能力テレキネシスを使用。

テレキネシスの力で自分自身を女神として神格化しバ・バニス人を洗脳してこの星を統治しようとする。

ドラックスは内戦を止めるためとはいえ、いき過ぎた娘の行動を止めるためにアベンジャーズに助けを依頼する。

しかし、アベンジャーズがたどり着いた時にはドラックスもムーンドラゴンの力で精神的に支配されていた。

アベンジャーズによって精神支配から解放されたドラックスはムーンドラゴンに立ち向かい彼女の野望を阻止しようとするが、ムーンドラゴンの力によって精神と身体を分離させられてしまう。

その後、ムーンドラゴンは気絶させられアベンジャーズによって保護される。

娘のムーンドラゴンによってやられるドラックス
(c)MARVEL

アべンジャーズによってムーンドラゴンの野望は阻止されるが、地球に戻ったアべンジャーズは魂が抜けたドラックスを死んだと思いその体を宇宙線に乗せて宇宙で爆発し埋葬した。

ドラックスの死体を宇宙船ごと爆発!
意外と残酷なアベンジャーズ!
キャップの敬礼がなんか笑えるw
(c)MARVEL

・復活とインフィニティ・ウォッチ加入

その後、サノスがデスによって復活させられると再びクロノスはドラックスの体を作りムーンドラゴンによって分離させられていた精神を注入し復活させた。

しかし、ムーンドラゴンのテレキネシスの影響を受けた心は再生しておらずドラックスは「知能が低い」状態で復活してしまう。

ここからしばらくはドラックスは知能の低いおバカキャラとなってしまう。

その後、ドラックスはインフィニティ・ジェム(MCU映画でのインフィニティー・ストーン)を6つ全て集め最強となったサノスとの戦いで、ソウルジェムによって作られた魂の世界「ソウルワールド」に閉じ込められるもアダム・ウォーロックの力で脱出し、アベンジャーズとともにサノスと戦い勝利した。

サノスの敗北後、ガントレットとインフィニティ・ジェムの管理者として選ばれたアダム・ウォーロックは「インフィニティ・ウォッチ」というチームを作りメンバーの各ヒーローにインフィニティ・ジェムを渡した。

ドラックスは「パワー・ジェム」の所有者となった。

しかし、パワー・ジェムをアダム・ウォーロックに与えられてすぐにドラックスはジェムを豆と勘違いして食べてしまう(知能が低下しているため)。

パワー・ジェムはドラックスの胃の中で安全に保管された(おそらくドラックスに排泄能力はないのだろう)

インフィニティ・ジェムを食べるドラックス
アダムはなぜ彼にジェムを託したのか・・・

その後、インフィニティ・ウォッチは内政により崩壊し、メンバーはそれぞれの道を歩むこととなる。

その後ドラックスはクロノスによって力を弱めることと引き換えに壊れた心を再生してもらう(人間時代の記憶はまだ曖昧だがおバカキャラではなくなった)。

 

・再び死亡そして復活 新ドラックスの誕生

その後、いろんなことがあって刑務所行きの移送船に乗せられていたドラックスであったが、地球のアラスカ州にその移送船が墜落してしまう。

脱走した囚人たちが街で暴れるが、ドラックスはこれを阻止しようと奮闘する。

その最中、地球人の少女「キャミ」と出会う。

もともと地球人であったドラックスは未だ記憶が曖昧になっており、キャミを自分の娘と勘違いする。

ドラックスは移送船に乗っていた囚人の「スクラル人のパイボック」、「異星人で元傭兵の凶悪犯のルナティック」、「怪力自慢の異星人兄弟ブラッド・ブラザーズ」と戦うが、変身能力を持つスクラル人のパイボックがサノスに化けたことで油断し、そのスキを突かれ殺されてしまう。

パイボックに殺されたドラックス

しかし、その夜ドラックスの死体があった場所の地面から、より小柄な体型のドラックスが蘇る。

蘇ったドラックスはキャミと再び出会い、彼女からズボンとナイフを与えられるとパイボック、ルナティック、ブルース・ブラザーズに復讐を開始する。

復活したドラックス。
映画のドラックスはこのキャラクターがモデル。

復讐を遂げたドラックスはキャミとともに宇宙に旅立つが、新たな刑務所行きの輸送船に捕まりキャミと一緒に「キルン刑務所」へと幽閉される。

   

・アナイアレーション

それは突然の出来事であった。

ある日、ネガティブ・ゾーン(宇宙のヴィラン監禁場所として用いられる異次元空間)から突如昆虫型生命体の大艦隊「アナイアレーション・ウェーブ」が現れる。

突如現れたアナイアレーション・ウエーブ大艦隊

アナイアレーション・ウェーブはたちまちドラックスとキャミが幽閉されているキルン刑務所を破壊してしまう。

さらに、宇宙の平和を守る民兵組織「ノヴァ・コーズ」の本拠地があるザンダー星を破壊。

ノヴァ・コーズは地球人のノヴァである「リチャード・ライダー」を残し全滅してしまう。

その後、アナイアレーション・ウィーブの攻撃を生き延びたドラックスとキャミは生き残ったノヴァ(リチャード・ライダー)と手を組む。

ドラックスとノヴァは共にアナイアレーション・ウェーブと戦うこととなる。

ノヴァはスター・ロードとともにアナイアレーション・ウェーブに対抗する組織「抵抗軍ユナイテッド・フロント」を設立。

ドラックスはユナイテッド・フロントとアナイアレーション・ウェーブの支配者「アニヒラス」との戦いの最中、アナアイレーション・ウェーブの母船まで進撃するとアニヒラスと組んでいたサノスを発見する。

ドラックスは戦いの末サノスをついに殺害する。

ようやく自分の手でサノスを殺害したドラックス!!!

その後、ドラックスは捕らえられていた星を食らう巨人「ギャラクタス」を解放し、ギャラクタスはアナイアレーション・ウェーブに大打撃を与えドラックスとムーンドラゴンを遠くの惑星に転送した。

ユナイテッド・フロントやドラックスたちの活躍でアナイアレーション・ウェーブは地球に到達する前に食い止められる。

・アナイアレーション・コンクエスト

クリーの故郷である惑星ハラが無数の機械生命体「ファランクス」によって侵略される。

この時、ドラックスとガモーラはファランクスのウィルスに侵され、意識を保ちながらもファランクスに忠誠を誓う「セレクト」となりノヴァたちを襲ってしまう。

しかし、ノヴァの活躍で意識を取り戻したドラックスはノヴァやスター・ロード、復活したアダム・ウォーロックとともにファランクス襲撃の黒幕である「ウルトロン」と戦い勝利する。

アナイアレーション・コンクエストのウルトロン!
マジカッケーっす!!

  

・ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシーの結成

ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシーついに結成!

アナイアレーション・ウェーブやファランクスの襲撃を経験し、銀河の脅威を守る存在が必要と感じたスター・ロードたちは、銀河の守護者「ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー」を結成する。 

この際、スター・ロードに誘われドラックスはガーディアンズのメンバーとなる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました