【Click!】アイアンマンの全アーマースーツを解説中!!

【おかえりスパイダーマン】ソニーとディズニーの話し合いがついに決着!スパイディMCUに帰還【マーベル】

【ソニーとディズニーの話し合いがついに決着!スパイディMCUに帰還】

(c)MARVEL
スポンサーリンク

▪️今後もMCUでスパイダーマンが継続して活躍することが公式決定

スパイダーマンMCU離脱の報道が噂になって1ヶ月余りが過ぎた昨日9月27日、ついに公式アナウンスが発表された。

発表内容はこうだ!

「マーベル・シネマティック・ユニバース(以下MCU)」を手がけるディズニー傘下の「マーベル・スタジオ」と『スパイダーマン』の権限を保有する「米ソニー・ピクチャーズ」が今後もMCUで継続してスパイダーマンを活躍させるという最高の結果で契約を交わした。

詳しく内容を説明すると、

今後MCU内で映画「スパイダーマン:ホームカミング」、「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」に続くスパイダーマン:ホームシリーズの映画第三弾の制作の決定し、さらにもう一本MCU内での映画への登場が決定、その上ソニー・ピクチャーズ側の映画にも出演が決定したという結果となった。

つまり、マーベル・コミックスにある「マルチ・バース(多元宇宙)」の設定を引き継いで次元を超えながらMCUの世界とソニー映画ユニバースの世界を行き来しながら活躍していくことになる。

実際、今回の報道を受けてマーベル・スタジオ社長のケヴィン・ファイギ氏はこう語っている。

「MCUの世界でこれからもスパイディと一緒に旅ができることに私自身とても感激しています。私のみならずマーベル・スタジオのスタッフみんながこの結果に満足しています。スパイダーマンはとてもパワフルなヒーローで彼のストーリーはすべての年齢の観客を魅了します。”そして彼はマルチ・ユニバースを行き来する唯一のスーパー・ヒーローでもあります“。ソニー・ピクチャーズは独自のスパイダー・バースの開発を続けていきます。これから先どのような素晴らしい展開が待っているかは私にもわかりません」

※”そして彼はマルチ・ユニバースを行き来する唯一のスーパー・ヒーローでもあります

上記のようにケビン・ファイギ社長がマルチ・バースのことを断言している!

トム・ホランド演じるスパイダーマンはかつてないほど忙しいスパイダーマンとなりそうである。

スポンサーリンク

▪️スパイダーマン ホームシリーズ第3弾の制作及び公開日も決定!

上記のように今回「MCU版スパイダーマン」、通称「ホームシリーズ」の第3弾の制作が決定した。

さらに今回の公式発表ではその公開日まで発表された。

スパイダーマン ホームシリーズの第3弾は「2021年7月16日」に米国公開予定となっている。

つまり現状わかっている「MCUフェイズ4」のラインナップはこうだ。

スポンサーリンク

▪️MCUフェイズ4のタイトル ラインナップ(最新版)

今回の「スパイダーマン3」の公式発表で「MCUフェイズ4」以降のタイトル一覧はこのようなラインナップとなった。

  • 『ブラックウィドウ』 公開日:2020年5月1日(映画)
  • 『エターナルズ』 公開日:2020年11月6日(映画)
  • 『ファルコンアンドウィンターソルジャー』 公開:2020年秋(ドラマ)
  • 『シャンチー:レジェンドオブザ・リングス』 公開日:2021年2月12日(映画)
  • 『ワンダ:ビジョン』 公開日:2021年春(ドラマ)
  • 『ロキ』 公開日:2021年春(ドラマ)
  • 『ドクター・ストレンジ:マルチバースオブマッドネス』公開日:2021年5月7日(映画)
  • 『スパイダーマン3』公開日:2021年7月16日(映画)
  • 『WHAT IF…?』 公開:2021年夏(アニメ)
  • 『ホークアイ』 公開日:2021年秋(ドラマ)
  • 『ソー:ラブアンドサンダー』 公開日:2021年11月5日(映画)
  • 『ムーンナイト』 公開日未定(ドラマ)
  • 『ミズ・マーベル』公開日未定(ドラマ)
  • 『シー・ハルク』公開日未定(ドラマ)

これでMCUフェイズ4は映画6本、配信ドラマ7本、アニメ1本の計「14タイトル」となった。

特にすごいのは2021年公開のラインナップだ。

映画が4本、ドラマ3本、アニメ1本が1年間のうちにすべて公開されることとなる。

マーベルスタジオのタイムスケジュール通り公開/配信されればMCUファンにとって「夢のような一年」となりそうである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました