【Click!】アイアンマンの全アーマースーツを解説中!!

ガモーラがラスボスに!?MCUアニメ『What If…?』のコンセプトアートの一部が流出?ウルトロンの姿も…

この記事は約3分で読めます。
(c)MARVEL

2021年のサマーシーズンに動画配信サービスDisney+で配信が予定されているMCU初のアニメシリーズ『What If…?』。

マーベル・シネマティック・ユニバース(以下MCU)に登場するキャラクターたちの別バージョンの「もしも…〇〇が〇〇だったら…」的な物語のアニメーション作品として配信されます。

現在、判明しているストーリーの一部として…

・「もしペギー・カーターがキャプテン・アメリカになっていたら…
・「もしティ・チャラがスター・ロードだったら…

といったもしもストーリーが展開されるようです。

エピソードはファーストシーズン(セカンドシーズンがあるかはわかりませんが…)として10エピソードが準備されていると言われています。

以前投稿した記事で紹介しましたが「ゾンビキャプテンアメリカ」や「パリピっぽいソー」などがプリントされた公式グッズも公開されています。

そして今回は、さらに新たなコンセプトアートがTwitter上に公開されたのでその一部を紹介します。

投稿されたコンセプトアート(と思われる画像)は5人のキャラクターのものですが、これが本物であるか真偽は不明ですが、海外の大手情報サイトでも取り上げられて話題を呼んでいました。

公開されたコンセプトアート画像がこちら】

投稿された画像に描かれているのは、

映画『アベンジャーズ :エンドゲーム』に登場したサノスの鎧を身につけたガモーラ
・オーディンの槍を持ったロキ
・巨大な槍を持って中世の騎士のようないで立ちのウルトロン
・おそらくコレクターと思われるムキムキの男性
・よりカラフルになったハルクバスター(装着しているのがトニーかは不明)

はじめの画像は「ガモーラがサノス軍を率いていたら…」的なストーリー?もしくは「ガモーラがピーター・クイルに出会わなかったら…」的なストーリーかもしれません。

ロキの画像は「ロキがアスガルドを支配していたら…」というストーリーになるのでしょうか?

ウルトロンに関しては画像だけでは何も想像できませんね…。

コレクター(と思われる男性)は映画に登場した時より随分とマッシブになっていますから「コレクターVS〇〇〇〇」といった戦いが見れるかも…。

最後のハルクバスターは海外のファンサイトでは「このアーマーは惑星サカールのスクラップでトニーが作ったハルクバスターではないか?」と言われています。

もしかすると「ソーに変わってトニーがサカールのバトルロイヤルでハルクと戦う」といったIfストーリーになるのかもしれません。

このような「もしも…」なMCUキャラクターの別バージョンストーリーが展開されるアニメ『What If…?』は面白くなること間違いなさそうですね。

また、各キャラクターの声優はMCUの俳優がそのまま演じるようです。

アニメシリーズ『What If…?』は2021年夏に動画配信サービスDisney+で配信予定です。

おすすめ書籍:
マーベルキャラクターを1200体以上解説する究極図鑑
マーベル・エンサイクロペディア (ShoPro Books)(Amazon)8,800円〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました