【Click!】アイアンマンの全アーマースーツを解説中!!

ハイパーベロシティアーマーとは!?【マーク28】原作アイアンマン

(c)MARVEL
スポンサーリンク

■アイアンマン マーク28:ハイパーベロシティアーマーを解説

こんにちはMCU FAN LIFETKです。

アメコミ版アイアンマンスーツ紹介企画 第28段

今回はコミックス「アイアンマン」のミニシリーズ「アイアンマン ハイパーベロシティ」に登場したアーマースーツを紹介したいと思います。

全6話で構成されたこの「ハイパーベロシティ」ですが正直読んだことがない上にネット検索してもあまり情報がなかったのですごくざっくりとしか紹介できません。

内容ももしかしたら間違っているかもしれないので話半分で「こんなアーマーもあったんだなあ」くらいで観ていただけると幸いです(もしコミックスを入手できたらまた詳しく説明しようと思います)。

もし内容知っている方がいたらTwitterなどで教えてくださいww

MCU FAN LIFEのTwitterはこちら

1.アイアンマン マーク28

(c)MARVEL

2.アイアンマン マーク28の初登場は?

Iron Man: Hypervelocity Vol 1 #1(2007年3月) アイアンマン ハイパーベロシティ1期 第1号

3.アイアンマン マーク28の別名は?

トニースターク2.0(アイアンマン2.0)

4.アイアンマン マーク28の特徴は?

このアーマースーツは「アイアンマン ハイパーベロシティ」という6話構成のストーリーの中に登場するアイアンマンスーツです。

ハイパーベロシティ1巻の表紙

この物語の中で主人公はトニースタークではなく、トニースタークの意識をコピーした人工知能「トニースターク2.0」と呼ばれるアイアンマンスーツが活躍します。

ある日、トニースタークは「謎のアンドロイド集団を操る組織」の陰謀により重症を負ってしまいます。

敵は謎のロボット軍団!

トニーは以前より自分が負傷した時のために自分の意識をアーマースーツコンピューターシステム内にデジタル化した形で「アップロード」する能力を備えた最先端アーマースーツを開発していました。

重症を負ったスタークはこの最新型のアーマースーツに自我をコピーし自分自身を避難させた後に黒幕の捜索を任せます。

スタークを安全な木陰に隠す「トニー2.0」

トニーの意識をコピーしたこの最先端アーマースーツは「トニースターク2.0(アイアンマン2.0)」と名乗り、謎の組織と戦いながらその陰謀に巻き込まれていきます。

話の細かい内容はわからないのですが、「アブシンテ」という謎の女性(1巻の表紙の女性)が「トニースターク2.0」のデジタル意識の中に度々登場し翻弄したり、「S.H.I.E.L.D.」にも狙われたりとゴタゴタに巻き込まれながら事件の真相に迫っていくというストーリーのようです。

ヘリキャリアが襲撃されたりと結構大きな事件に!

最終的には、本物のトニーの意識が回復したと同時くらいに敵の組織が発射した核爆弾を止めるため「トニースターク2.0」が爆発に巻き込まれたような描写の一コマで終了します。

実際は、爆発のカウントダウンが残り「0.009秒で白く発光した光とトニースターク2.0が写ったコマで終わっているので「実際に2.0が爆発を止められたのか?」「爆発に巻き込まれて消滅したのか?」というは読者の想像に任せます的な終わり方になっています。

「THE END」って!!先が気になるぅぅぅ!

5.アイアンマン マーク28の能力/機能/武器は?

この「アイアンマンスーツ モデル28」は、着用者の分析と学習、および自動操縦などのルーチンの実行、また緊急事態では、着用者の意識のコピーをシステムに「アップロード」することが可能です。

アップロードした意識により自我を持ったアーマースーツが着用者の代わりに自ら判断し任務を遂行します。

このアーマースーツはトニースタークが何らかの緊急事態で活動ができなくなった時のために開発されました。

また、スーツの能力として特に特徴的なのは「高速飛行」です。

ハードウェア「アクセラレーションウェア」を使用することにより通常のアイアンマンのスーツよりも150%以上速い速度で飛行することができるようになります。

ミサイルの合間をすり抜けながら飛行するくらい高速のスーツ!

ブートジェットは可変モードであり、空気不足などの環境変化に自動的に適応、水中でも高速移動が可能です。

背中に取り付けられた「コンデンサーリング」はスーツの電力を保存および調整し、超音速で「タングステンカーバイドラウンドタングステン製の槍)」を発射することができます。

腕に取り付けられたマニピュレーターからは「リパルサーレイ」を発射可能で「ナックルプレート」からは強力な電気を放出し相手を感電させることが可能です。

首部分にもレーザー兵器を備えており、複数の敵を攻撃することができます。

様々な方向に攻撃が可能

ユニビーム」の使用はストーリー中にはないようですが外見上からは使用可能な印象です。

EMP」も使用できます。

アーマーの音響装置はトニーは初め音楽を流す用途で紹介していましたが、実際は強力な「音響兵器」として使用することも可能です。

またステルス能力として「カメレオンウェア」を使用したクローキング機能がついています。

敵のアジトに潜入した際は外見を敵のアンドロイドに変化させて侵入しました。

左の赤いアンドロイドがマーク28が姿を変えたもの

今回も最後までありがとうございました。

次回よりアイアンマン第4期のエピソードに登場するアーマースーツの紹介となります。

映画「アイアンマン3」の元ネタになったエクストリミスのエピソードに登場するエクストリミスアーマーアイアンマン マーク29」を紹介します。

お楽しみに。

←【前の記事マーク27はこちら】

【次の記事マーク29はこちら】→

S.H.Figuarts アイアンマン マーク50 ナノウェポンセット2(アベンジャーズ/エンドゲーム)
価格:8800円(税込、送料無料) (2019/11/25時点)

【コミックス版アイアンマン全スーツ一覧は下のリンクから↓】

全アイアンマンスーツのまとめ記事はこちらをどうぞ「アイアンマン 全スーツまとめ(コミックス版)【画像付き徹底解説】」

※マーベルキャラクターについてもっと知りたい方はこちらのキャラクター図鑑もどうぞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました