【Click!】アイアンマンの全アーマースーツを解説中!!

【ホットトイズ新商品】 スターウォーズ『マンダロリアン&IG-11ドロイド』発売決定!【おすすめ】

ホットトイズより新商品の案内です。

ホットトイズ社より今回発表されたのは、ディズニーの動画配信サービス「Disney+」で11月12日からサービス開始と同時配信されるスターウォーズのスピンオフ実写ドラマシリーズ「ザ・マンダロリアン(原題) / The Mandalorian」から一匹狼のガンマン戦士「マンダロリアン」と戦士とともに行動するガンマンドロイド「IG-11」です。

スポンサーリンク

【マンダロリアン&IG-11 ドロイド:商品紹介】

▪️1/6スケール:マンダロリアン

(c)HOTTOYS
(c)HOTTOYS

・全身造形

配信ドラマ『マンダロリアン』に登場する孤高の主人公を全高約33センチ、30箇所以上が可動するフィギュアで見事に立体化。

新たに造形されたシルバーのヘルメットは、ジャンゴ・フェットやボバ・フェットに続く特徴的なヘルメットを細かなモールドまでも見事に再現している。

着用しているマンダロアの装甲服は、インナーの強化フライト・スーツやたなびくマントなど、質感やディテールにこだわり、細部に至るまで精巧な仕上がりとなっており相変わらずホットトイズの職人芸が光っている。

装甲についた傷などは、業界トップクラスの技術によるヴェザリング塗装により歴戦の戦いの傷を再現している。

(c)HOTTOYS
(c)HOTTOYS
(c)HOTTOYS

・付属品

付属品として愛銃であるブラスター・スナイパーライフルブラスター・ピストルが付属。

ブラスター・ピストルは、右腰にあるホルスターに収めることができ、スナイパーライフルは背中に背負わせることが可能。

すね部のポケットに収納可能な「弾倉」や「何かの通信装置」、「換装用の肩アーマー」などアクセサリーも多数付属。

多彩な差し替え用ハンドパーツを使用してドラマ中の様々なシーンを演出することができる。

ジオラマ風の台座は、砂漠の街を再現しており骸骨のようにくじ刺しにされたトルーパーのヘルメットなど予告編にもあった異様な光景を再現しており、ドラマ「マンダロリアン」の世界観を堪能できる特別仕様となっている。

・マンダロリアンとは

The Mandalorian | Official Trailer | Disney+ | Streaming Nov. 12
配信ドラマ「マンダロリアン」公式トレーラー

配信ドラマ「マンダロリアン」は、銀河帝国が敗退した『スター・ウォーズ/ジェダイの帰還』の戦いから5年後の世界を舞台とした物語。

銀河の果てにある砂漠の惑星を舞台に、「ジャンゴ・フェット」、「ボバ・フェット」などの孤高の賞金稼ぎたちに続く「一匹狼のガンマン戦士」の戦いを描くドラマシリーズだ。

予告編を見ればわかる通り「ディズニー+」サービス開始後、初の配信ドラマとして映画並みに気合の入ったクオリティのドラマとなっている。

製作総指揮/脚本は『アイアンマン』の監督「ジョン・ファブロー」、各エピソードの監督には、『マイティ・ソー バトルロイヤル』のタイカ・ワイティティなど名監督が名を連ねている。

   

▪️1/6スケール:IG-11 ドロイド

(c)HOTTOYS
(c)HOTTOYS

・全身造形

配信ドラマ『マンダロリアン』に登場する主人公の相棒?ドロイド「IG-11 ドロイド」を全高約40センチ、15箇所以上が可動するフィギュアで見事に立体化。

まだ謎の多いこのドロイドだが、予告編では容赦なく的確に的を撃つ姿がカッコよく描かれていた。

機械的な造形が堪能できる華奢なボディーは、駆動部や関節など細部に至るまで精巧に造りこまれている。

顔にある複数の眼にはLEDによるライトアップギミックを搭載し感情のないような赤い光が不気味さを物語っている。

錆びた鉄のようなカラーリングの外装は、業界トップクラスの塗装技術によって往年の風化具合や金属錆びの質感を再現。

全体的についた傷など細かなウェザリング塗装もも素晴らしい出来となっている。

(c)HOTTOYS
(c)HOTTOYS
(c)HOTTOYS
(c)HOTTOYS

・付属品

武器として2丁のブラスター・ピストルが付属。

ハンドパーツは指関節可動によりさまざまな劇中シーンを演出することが可能。

台座はマンダロリアン同様に砂漠の街をイメージしたものとなっている。

・IG-11 ドロイドとは

予告編ではIGドロイドマンダロリアンが並んでいるカットも見られ、この両者はともに行動しているかのようにも写っている。

おそらくお互い賞金稼ぎとして共通の敵を倒すといった形になるのかもしれない。

スター・ウォーズ:帝国の逆襲』にはこの「IG-11 ドロイド」によく似た「IG-88」というドロイドが登場する。

IG-88は「フラットドロイド」の異名を持つIGシリーズのアサシン・ドロイドで、通常のバトル・ドロイドと違い主人を持たず、独立行動するようプログラムされていた。

またIG-88は賞金稼ぎでもあり、「ボバ・フェット」のライバルでもある。

マンダロリアンの中でも主人公の相棒というよりライバル的な位置付けになるのかもしれませんね。

IG-88と比較すると、IG-11の頭部が微妙に異なる形状になっている。

IG-88とボバ・フェット

またIG-11の声は『マイティ・ソー バトルロイヤル』を監督したタイカ・ワイティティ監督が演じることが決定している。

      

スポンサーリンク

【まとめ】

(c)HOTTOYS

いよいよサービスが開始される「ディズニー+」のオープニングドラマを飾る「マンダロリアン」。

劇中の活躍を見てコレクター魂が揺さぶられること間違いなしの一品となりそうである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました