【Click!】アイアンマンの全アーマースーツを解説中!!

【ブラックウィドウ】アメコミ原作ストーリーや能力を徹底解説【マーベルキャラ紹介】

(c)MARVEL

ブラック・ウィドウとは アメコミ原作設定・解説 

スポンサーリンク

【初登場】

Tales of Suspense♯52(1964年4月)

スポンサーリンク

【本名】

ナターシャ・ロマノフまたはナタリア・アリアノヴナ・”ナターシャ”・ロマノヴァ

スポンサーリンク

【ステータス】

  • 耐久性:3
  • エネルギー:3
  • ファイティングスキル:6
  • 知能:3
  • 速度:2
  • 力:3  ※MAX 7 での評価(米marvel公式より)
スポンサーリンク

【能力】

・身体能力

ブラックウィドウはホークアイなどと同じく超人的な肉体やスーパーパワーといった特殊能力は持っていない。

しかし格闘技、射撃、スパイの訓練を積んだエージェントであり、非常に高い戦闘能力を誇る。数々の任務をこなした豊富な経験を武器にスーパーパワーを持つヴィラン達とも対等に戦い、また一時はチームのリーダーさえ勤めたこともある。

・ウィドウズ バイト

両腕には「ウィドウズ バイト」と呼ばれる特殊兵器をつけており、催涙ガス、エネルギー兵器、無線装置など様々なガジェットが入っている。

・ウィドウウズ スティック

また、「ウィドウウズ スティック」と呼ばれる3万ボルトの電流が流れる警棒や拳銃を武器に戦うこともある。

・コスチューム

主に全身ブラックタイツのコスチュームを身にまとっている。

登場初期には現在のようなブラックタイツのコスチュームを身にまとっておらず、単にドレスにベールを着て登場した。

  

スポンサーリンク

【ストーリー:原作コミックス】

・オリジン

ロシアのスターリングラードで生まれたナターシャ・ロマノフはペトロヴィッチによって育てられ、後に祖国に仕えることを望むようになり、スパイとしての訓練を受け始める。

ソ連が行うスパイ養成計画「ブラック ウィドウ オプス計画」によって幼少期から特殊な訓練を受ける。

ペドロヴィッチは他の孤児たちと共にナタリアをデパートメントXへ連れて行き、彼女はマインドコントロールを受けて「レッドルーム」で戦闘や諜報活動の訓練を受けた。

レッドルームでバイオテクノロジーによって彼女は長寿となり若い身体を保てるように改造された。

この時期にウィンター・ソルジャーと知り合い恋愛関係となっていたこともある。

また、ソ連の陰謀でソ連版のキャプテンアメリカとも呼ばれる。レッドガーディアンことアレクセイ・ショスタコフと結婚した過去もある。

・初代、2代目、3代目のブラックウィドウ

ナターシャ・ロマノフは実は2代目ブラックウィドウであり初代は1940年代の間にマーベルコミックに登場した「クレア・ヴォヤン」である。

また、3代目ブラックウィドウとして90年代後半に「エレーナ・ベロワ」というキャラクターが登場する。

彼女はナターシャと同じ施設で訓練を受けた、いわばナターシャの妹分のような関係が深い人物である。

2020年マーベル シネマティック ユニバース(以下MCU) フェイズ4の映画『ブラックウィドウ』にもエレーナ・ベロアが登場しMCUでは死んでしまったブラック・ウィドウの名を引き継ぐのではないかと予想されている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました