【Click!】アイアンマンの全アーマースーツを解説中!!

映画『アベンジャーズ:エンドゲーム』からローニンの未使用デザインが公開

(c)MARVEL
スポンサーリンク

ローニンの未使用コンセプトアートが公開:

マーベル・シネマティック・ユニバース(以下MCU)の新たな未公開コンセプトアートが公開されました。

今回公開されたのは映画『アベンジャーズ:エンドゲーム』に登場したクリント・バートンのダークヒーロー『ローニン』の未使用デザイン

公開したのはMCUのコンセプトアートを多数手掛けたコンセプトアーティストのWesley Burt氏です。

自身のツイッター上で公開し画像をシェアしています。

昨年2019年に公開された映画『アベンジャーズ:エンドゲーム』に登場したローニンですが、弓を使い遠距離戦闘を得意とするホークアイとはうってかわって刀でインファイトと戦闘スタイルも全く違うヒーローとして話題を呼びました。

今回公開された劇中未使用コンセプトアートは2種類

スポンサーリンク

1枚目のローニン未使用コンセプトアート:

1枚目のコンセプトアートは劇中よりも金色の装飾が多く棒状の武器を両手に持ったデザイン

クリントの鋭い目つきが怒りに満ちた様子を表しているようです。

Wesley Burt氏はコメントで

私が製作した多数のローニンのデザインの1つで、2016年の初めにMarvel visdevのために取り組んだ最初の1つです。 

Twitterより

と語っています。

スポンサーリンク

2枚目のコンセプトアート:

2枚目のコンセプトアートはより劇中のデザインに近いものとなっており金色の部分が少なくなっています。

闇に紛れる戦い方をしているローニンにとってあまり目立つ衣装は好まれないという結果なのかもしれませんね。

コメントでは、


これが私が製作した主要なコンセプトであり、コスチューム部門が製作した最終版衣装へと開発を進めました。 次に、フード付きジャケット/ベストピースの下のスーツに追加のコンセプトが作成されました。それらのデザインの多くは、『Art of Endgameブック』で見ることができます!

Twitterより

:Amazon:
Marvel’s Avengers: Endgame – The Art of the Movie

最近は多くのコンセプトアート公開がTwitterやInstagramで公開されていますからこれからも情報公開を楽しみにしたいですね。

MCUのコンセプトアートを堪能したい方は『The Art of シリーズ』がおすすめです。 

Art of Endgameブック』を買うならAmazonがおすすめ
Marvel’s Avengers: Endgame – The Art of the Movie

おすすめ記事↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました